最新の関連ページ一覧

食あたりと食中毒は同義語です

食あたりと食中毒は同義語です。
ですから、食中毒についてお話しします。
病原性を持った細菌が食品の中に入り込み食品の温度管理が悪いと、その細菌が食品中で増殖することになります。
そして、その食品を食べた人は下痢や腹痛、発熱や嘔吐等を引き起こすことになります。
このような症状を食中毒と呼び、主な食中毒細菌に病原性大腸菌やサルモネラ菌、カンピロバクターやウェルシュ菌、そしてボツリヌス菌や黄色ブドウ球菌等があります。
食中毒菌は目で見ることができませんから、いつ食品の中に入るか誰にも分かりません。
ですから、できるだけ食品を衛生的に扱うしか方法がないのです。
後は食品を冷蔵庫の中で保管し、万が一細菌が入っていたとしても細菌が増殖しやすい温度にならないようにコントロールするのです。
さらに、加熱して食べることで食中毒の発生を防ぐことができる場合がありますが、ボツリヌス菌や黄色ブドウ球菌のような毒素を産生する細菌には残念ながら効果がないのです。
ですから、やはり食品の衛生管理には十分な注意を払う必要があるのです。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 食あたり . All Rights Reserved.